登録: 2019年 3月 28日

家庭ごみの分別方法と正しい出し方

松伏町では、ごみの減量化と資源の再利用・リサイクル化を進めていくために、家庭ごみの分別種類を設け収集しております。ごみや資源物は正しく分別し、決められた取集日の当日、朝8時までに出してください。

 

ごみ収集カレンダーや収集コース、収集日に関しては町HP『ごみ収集カレンダー』をご覧ください。 

 

 町で収集するもの【出し方や種類ごとの品目は種類ごとの項目をクリックしてください】

 

 ゴミステーション(ゴミ捨て場)回収

 

  • 可燃ごみ(生ごみ、発砲スチロール、プラスチック類など)
  • 金属ごみ(空き缶やオイル缶など)
  • 雑芥ごみ(金属やプラスチックなどの複数の材料が混ざっているものやガラスなど)
  • 有害ごみ(乾電池、蛍光灯、水銀計、電球など)
  • 危険ごみ(刃物やガスを抜いた使い捨てライター、各種スプレー缶など)
  • 古紙(新聞や段ボール、紙パックなど)
  • 布類(衣類、毛布、カーテンなど)
  • ペットボトル
  • ビン

 

中間処理場へ直接搬入(有料)または委託業者にて戸別収集(有料

 

  • 粗大ごみ(机、タンス、掃除機、自転車など)

 

 町で収集できない物もあるためご注意ください。詳細は『町で収集できない物』をご覧ください。

 

 

可燃ごみ(もえるごみ) 週2回

 

種類

 

生ごみ、プラスチック類、金属などがついていない革製品

汚れいていたり破れている衣類、下着 

木片、剪定枝(長さ50cm以下×直径10cm以下、袋に入れず束ねて出すことも可能です)

トレー、卵パック、洗剤容器、食用油容器

 

こちらは抜粋になります。詳細な分類はこちらのPDFファイル(482KB)をご覧ください。

※検索方法:PDFファイルを開いた後【CTRL+F →検索品目入力→ENTER】で検索を行うことができます。

 

 

 

出し方と注意点

 

  • 透明・半透明袋に入れてください。(黒い袋は×)
  • 生ごみは水分をよく切ってください。処理方法や得られる効果などの情報は町HP『生ごみは捨てる前に水切り・キュッとひとしぼり!!』をご覧ください。
  • 古紙(新聞、雑誌、段ボール、紙パックなど)は『古紙』の日にお出しください。
  • 一辺が40cm以上又は三辺の合計が90cm以上の物は『粗大ごみ』となります。 ※長物(傘やホース、バットなど)は粗大ごみとして取り扱いません。材質に応じて、可燃ごみ又は雑芥としてお出しください
  • 保存状態の良いカバン・ベルト、破れていない布類(衣類、革ジャンパー、ダウンジャケット、毛布、カーテン等)は『布類』の日にお出しください。
  • 事業所(飲食店、商店、工場、会社等)から出る事業系ごみは町で出せません。町HP『町で収集できない物』に処理方法が記載されています。

 

金属ごみ 月2回

 

種類(抜粋)

 

空き缶、一斗缶、オイル缶、その他の全てが金属製のもの(金属製キャップ等)

 

こちらは抜粋になります。詳細な分類はこちらのPDFファイル(482KB)をご覧ください。

※検索方法:PDFファイルを開いた後【CTRL+F →検索品目入力→ENTER】で検索を行うことができます。

 

 

 

出し方と注意点

 

  • 町指定の金属類収集指定袋でお出しください。※指定袋取扱店はこちらをご覧ください。 
  • 空き缶、一斗缶、オイル缶は必ず中身をすべて抜き、すすぎ洗いを行ってください。
  • 缶内にはたばこの吸い殻などは入れないでください。
  • 各種スプレー缶、エアゾール式消火具は危険ごみとなります。必ずすべてを使い切り『危険ごみ』にお出しください。
  • 金属だけでなく他のプラスチックなどの材料が混ざっているもの(鍋等)は『雑芥』にお出しください。
  • 事業所(飲食店、商店、工場、会社等)から出る事業系ごみは町で出せません。町HP『町で収集できない物』に処理方法が記載されています。

 

雑芥ゴミ 月1回 (有害ごみ、危険ごみと同じ収集日です)

 

種類(抜粋)

 

金属+プラスチック等の複数の材料が複合しているもの(鍋、ヤカン、フライパン等)。

ガラス、陶磁器類、40cm未満の小型家電(ラジオ、ドライヤー、ポット等)

飲食用以外のビン、傘、モップ

 

こちらは抜粋になります。詳細な分類はこちらのPDFファイル(482KB)をご覧ください。

※検索方法:PDFファイルを開いた後【CTRL+F →検索品目入力→ENTER】で検索を行うことができます。

 

 

 雑芥で出せない主な物

 

 一辺40cm以上または三辺の合計が90cm以上のもの

→『粗大ごみ』になります。

※長物(傘やホース、バットなど)は粗大ごみとして取り扱いません。材質に応じて、可燃ごみ又は雑芥としてお出しください

 

 ノートパソコン、小型TV

→町内にある小型家電回収BOXにお出しください。設置場所等の詳細はこちらをご覧ください。

 

消火器、コンクリート、土、ブロック、レンガ、注射器・注射針、建築廃材、その他爆発性や毒性のあるものなど

→町では収集を行っておりません。詳細はこちらをご覧ください。

 

出し方と注意点

 

  • 町指定の雑芥類収集指定袋でお出しください。※指定袋取扱店はこちらをご覧ください。
  • 有害ごみ』と『危険ごみ』とは分別を行い必ず袋を分けてお出しください。
  • 傘の柄などははみ出しても収集可能です。
  • 粗大ごみを解体したものは雑芥として出せません。
  • 電球、蛍光灯、水銀計、乾電池などは『有害ごみ』として 必ずお出しください。
  • 事業所(飲食店、商店、工場、会社等)から出る事業系ごみは町で出せません。町HP『町で収集できない物』に処理方法が記載されています。

 

 有害ごみ 月1回 (雑芥ごみ、危険ごみと同じ収集日です)

 

種類

 

電球、乾電池、ボタン電池、蛍光灯、水銀計、グロー球、グローランプ、体温計(ガラス)

 

 

出し方と注意点

 

  • 透明・半透明な袋に入れてください。
  • 雑芥』と『危険ごみ』とは分別を行い必ず袋を分けてお出しください。
  • 雑芥の指定袋に絶対に入れないでください。
  • 乾電池に関しては町内にある乾電池回収場所でも処分できます。回収場所はこちらをご覧ください。
  • 事業所(飲食店、商店、工場、会社等)から出る事業系ごみは町で出せません。町HP『町で収集できない物』に処理方法が記載されています。

 

 

危険ごみ 月1回 (雑芥ごみ、危険ごみと同じ収集日です)

 

種類(抜粋)

 

刃物、注射針以外の針、使い捨てライター、エアゾール式消火具、各種スプレー缶

 

 

こちらは抜粋になります。詳細な分類はこちらのPDFファイル(482KB)をご覧ください。

※検索方法:PDFファイルを開いた後【CTRL+F →検索品目入力→ENTER】で検索を行うことができます。

 

出し方と注意点

 

  • 透明・半透明な袋に入れてください。
  • 雑芥』と『有害ごみ』とは分別を行い必ず袋を分けてお出しください。
  • 雑芥の指定袋に絶対に入れないでください。
  • 刃物などは危険なため新聞紙などでくるみ、袋に危険ごみと記入してください。
  • 注射器・注射針は町では回収できません。詳細は町HP『町で収集できないもの』をご覧ください。
  • ライターは中のガスを必ずすべて抜いて捨ててください。処理方法などの詳細はこちらをご覧ください。
  • エアゾール式消火具は必ずすべてを使い切り『危険ごみ』にお出しください。
  • 各種スプレー缶は必ずすべてを使い切り穴をあけずにお出しください。 処理方法の詳細はこちらをご覧ください。
  • 事業所(飲食店、商店、工場、会社等)から出る事業系ごみは町で出せません。町HP『町で収集できない物』に処理方法が記載されています。

 

古紙 月2回 (布類と同じ回収日です)

 

種類(抜粋)

 

新聞、雑誌、ざつがみ、段ボール、紙パック

 

 

こちらは抜粋になります。詳細な分類はこちらのPDFファイル(482KB)をご覧ください。

※検索方法:PDFファイルを開いた後【CTRL+F →検索品目入力→ENTER】で検索を行うことができます。

 

古紙に出してはいけない主な紙

 

香料の強いもの(お線香、石鹸・洗剤などの包装紙)、油などで汚れているもの

カーボン紙、写真、紙コップ 

 

出し方と注意点

 

  • 種類ごとに束ねるか紙袋に入れてお出しください。
  • 雨でも収集可能です。
  • ティッシュボックスなどのビニール類がついているものはビニールを取り除いてお出しください。
  • 貴重な資源のため、もえるゴミには出さないようにご協力お願いします。
  • 紙パックに関しては町内にある紙パック回収場所でも処分できます。回収場所はこちらをご覧ください。
  • 事業所(飲食店、商店、工場、会社等)から出る事業系ごみは町で出せません。町HP『町で収集できない物』に処理方法が記載されています。

 

布類 月2回

 

種類(抜粋)

 

汚れていたり破けていない衣類、革ジャンパー、毛布、シーツ、カーテン、ダウンジャケット、保存状態の良いカバン・ベルト

 

 

こちらは抜粋になります。詳細な分類はこちらのPDFファイル(482KB)をご覧ください。

※検索方法:PDFファイルを開いた後【CTRL+F →検索品目入力→ENTER】で検索を行うことができます。

 

衣類では出せない主な物

 

汚れていたり破れている衣類、下着、作業服、制服、道着

→『可燃ごみ』に出してください。

 

ふとん、カーペット→『粗大ごみ』に出してください。

 

出し方と注意点

 

  • 透明・半透明の袋で出してください。
  • 雨の日は出せません。
  • 貴重な資源のため、もえるゴミには出さないようにご協力お願いします。
  • 事業所(飲食店、商店、工場、会社等)から出る事業系ごみは町で出せません。町HP『町で収集できない物』に処理方法が記載されています。

 

ペットボトル 月1回

 

種類

 

↓ このマークがついたもの

 

 

間違えやすいもの

 

トレー、卵パック、洗剤容器、食用油容器などの上記マークがついていない物

→『可燃ゴミ』として捨ててください。

 

出し方

 

  1. キャップとラベルをはずす。ラベルは燃えるごみとして出してください。
  2. 軽くすすいで水洗いを行い、つぶす。
  3. ペットボトルとキャップを別の透明・半透明な袋に入れてだす。

 

 ※ペットボトルに関しては町内にあるペットボトル回収場所でも処分できます。回収場所はこちらをご覧ください。

 

 ビン 月2回

 

種類

 

飲食物が入っていたビン(飲料、調味料、食用油、ドレッシングなど)

 

 

出し方と注意点

 

  • 町指定の空ビン収集指定袋でお出しください。※指定袋取扱店はこちらをご覧ください。
  • ビール瓶や一升瓶などのリターナブルビンは販売店に戻しましょう。
  • キャップをとって中をゆすぎ捨ててください。
  •  事業所(飲食店、商店、工場、会社等)から出る事業系ごみは町で出せません。町HP『町で収集できない物』に処理方法が記載されています。

 

 粗大ごみ 戸別収集(有料)又は直接搬入(有料)

 

種類(抜粋)

 

家具、家電など(一辺40cm以上又は三辺の合計が90cm以上の物)

イス、机、ベッド、掃除機、自転車、布団、カーペット等

 

こちらは抜粋になります。詳細な分類はこちらのPDFファイル(482KB)をご覧ください。

※検索方法:PDFファイルを開いた後【CTRL+F →検索品目入力→ENTER】で検索を行うことができます。

 

 

粗大ごみとして取り扱わない主な物(材質に応じて、可燃ごみ又は雑芥としてお出しください。)

 

傘、空気入れ、座布団1枚のみ、卓上コンロ

釣竿、バット、枕、モップ、ほうき、ポット、ホースなど

 

 

 粗大ごみと間違えやすい町で収集できない物(抜粋)

 

家電5品目(エアコン、テレビ、冷蔵庫、洗濯機)、パソコン、バイク、原付など

上記記載の品目の処理方法は町HP『家電リサイクル、パソコンリサイクル、オートバイリサイクル、FRP船リサイクル』をご覧ください。

また、上記記載の品目以外の処理方法やその他品目などは町HP『町で収集できない物』をご覧ください。

 

 

 

出し方(戸別収集)

 

中間処理場とお客様で収集希望日程を調整していただきます。そしてお客様がご自宅の前にご用意した粗大ごみを委託業者にて収集希望日に回収する方法です。出し方の方法を下記に記載させていただきます。

※中間処理場の申込受付時間と電話番号、住所はこちらをご覧ください。

 

  1. 収集してもらいたい粗大ごみの種類と数量を確認します。
  2. 中間処理場(TEL:992-0531)へ電話を行い、収集日程を調整する。※収集可能日は限られており、先着順のためお早めにお申し込みください。
  3. 電話の際にお客様の電話番号、住所、お名前を伝えます。
  4. また、粗大ごみの種類と数量を中間処理場に伝え、処理費用を中間処理場から伝えてもらいます。
  5. 伝えられた処理費用分の粗大ごみ券を粗大ごみ券取扱店にて購入します。※粗大ごみ券取扱店はこちらをご覧ください。
  6. 購入した粗大ごみ券にお客様の名前と住所、収集日を記載します。
  7. 収集日に家の外に粗大ごみを出し、粗大ごみに処理費用分の券を貼り付けます。
  8. 委託業者にて粗大ごみを回収します。

 

 

 出し方(直接搬入)

 

お客様が中間処理場へ直接粗大ごみを搬入する方法です。出し方の方法を下記に記載させていただきます。

※直接搬入の場合、処理費用は半額になります(例:自転車処理費用【戸別収集1000円→直接搬入500円】)

※直接搬入の場合、粗大ごみ処理券は必要なく、中間処理場で現金にて直接払いになります。

※中間処理場の搬入受付時間と電話番号、住所はこちらをご覧ください。

 

  1. 搬入したい粗大ごみを中間処理場(住所:築比地1303-1)へお客様が搬入する。(電話連絡は不要です)
  2. 中間処理場受付にて粗大ごみ処理申請書を記載し、処理費用を現金にて支払います。
  3. 粗大ごみを搬出する。【完了】

 

 

粗大ごみ処理費用

 

粗大ごみの処理費用に関してはごみ収集カレンダー【粗大ごみ品目別手数料】の抜粋品目を見ていただくか、こちらのPDFファイル(482KB)をご覧ください。

※検索方法:PDFファイルを開いた後【CTRL+F →検索品目入力→ENTER】で検索を行うことができます。

 

品目が記載されていない場合やご不明な点に関しては中間処理場(TEL:992-0531)または環境経済課(TEL:991-1839・1840)にお気軽にお問い合わせください。

 

中間処理場(受付日時、連絡先、住所)

 

  • 連絡先(048-992-0531)
  • 戸別申込受付時間(8時半~17時15分)
  • 搬入受付時間(8時半~16時)
  • 受付可能日(月~金、第2・第4土曜日、第1・第3日曜日)※年末は12/28まで、年始は1/4から持ち込み可
  • 住所(松伏町築比地1303-1)

 

内部リンク(ごみ関係)

 

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

環境経済課 生活環境担当  お問合わせ

電話番号 048-991-1840・1839
FAX 048-991-3600

先頭に戻る