更新: 2021年 4月 12日

教育長あいさつ

 松伏町教育委員会教育長 岡田直人です。

kyoikucho

 

 

 はじめに、令和2年度は新型コロナウイルスの感染症への対応で始まり終わる1年でした。令和3年になり新型コロナウイルスワクチンの接種が始まることなどから感染が沈静化することを願うばかりです。教育委員会といたしましては継続して感染防止に取り組みながら、松伏町の教育行政目標である「豊かな文化の担い手と思いやりのある心をはぐくむ松伏の教育」の具現化を目指し取り組んでまいりたいと存じます。

 学校教育につきましては、令和3年2月に中央教育審議会において、「「令和の日本型学校教育」の構築を目指して~全ての子供たちの可能性を引き出す、個別最適な学びと、協働的な学びの実現~」が取りまとめられました。

 この中で、「日本型学校教育」とは、学校が学習指導のみならず、生徒指導の面でも主要な役割を担い、児童生徒の状況を総合的に把握して教師が指導を行うことで、子供たちの知・徳・体を一体で育む教育であり、諸外国からも高い評価を得ていると述べています。

 そして、必要な改革を躊躇なく進めることで、この日本型学校教育を発展させ「令和の日本型学校教育」の実現を目指す方向性が示されました。主な課題として、新学習指導要領の着実な実施、GIGAスクール構想の実現、学校における働き方改革の推進などがあげられました。

 この答申を受け、教育委員会といたしましては、どの課題につきましても非常に重要な課題と捉え取り組んでまいりますが、特に令和3年度についてはGIGAスクール構想の進展に力を入れてまいりたいと存じます。

 また人生100年時代を迎え、生涯学習、社会教育、文化振興、文化財保護・町史編さん、社会体育などそれぞれが益々の充実を求められています。昨年は新型コロナウイルスの感染拡大防止のために、多くのイベントを伴う事業が中止や規模の縮小を余儀なくされました。本格的な解決までにはまだ相当の時間がかかると思いますが、感染の状況を見ながら新しい生活様式のもとで事業を進めるとともに、新しい発想をもって所期の目的を達成してまいりたいと存じます。そして、町民の皆様が生涯いつでも自由に学習機会を選択して学習することができる生涯学習社会の構築と、生涯の各時期にわたる社会教育の内容と方法の充実を図ってまいります。

 むすびに、新型コロナウイルス感染症の沈静化を心から願うとともに、町民の皆様には本教育委員会の教育行政にご理解とご協力をお願い申し上げあいさつといたします。

教育総務課 総務担当  お問合わせ

電話番号 048-991-1807
FAX 048-991-1902

先頭に戻る