登録: 2021年 4月 16日

「農薬の適正な使用」について

 【農薬は適正に使用しましょう】

 

 埼玉県では、農薬を使用する機会が増える5月から8月までの4か月間を「農薬危害防止運動」の実施期間と定めています。

 農薬を使用する際は、ラベルや袋に表示された使用方法や注意事項を厳守し、ほかの作物への飛散に十分注意してください。
 散布量は最低限にし、できるだけ、せん定や捕殺など、農薬以外の防除方法を検討しましょう。
 やむを得ず農薬を散布するときは、事前に周辺住民や施設利用者等に周知するとともに風向きなどに十分注意し、事故防止に努めてください。
 また、誤飲などの事故を防止するため、小分けは絶対に行わず、かぎをかけて安全に保管管理してください。使用するときは、飲食物の容器(ペットボトル等)を容器として用いないでください。
 農薬を廃棄するときは、専門業者に処理を委託するなど、各自責任をもって処分してください。
 農薬は本来の目的以外で使用しないでください。 


担当:埼玉県保健医療部薬務課 薬物対策・献血担当(電話:048-830-3633)

      農林部農産物安全課 農薬・植物防疫担当(電話:048-830-4053)

      環境部大気環境課 化学物質担当(電話:048-830-2986)

先頭に戻る