登録: 2020年 4月 7日

「無人航空機を利用した空中散布等事業の実施について」の一部改正について

 国が定める無人航空機による空中散布に関する制度が変更されたことに伴い、標記について添付のとおり改正されました。

 農業者の皆さまにおかれましては、本事業の安全かつ適正な実施の推進にご協力をお願いします。

 

【主な改正内容】

1.無人航空機による空中散布に関する制度の主な改正点

(1)平成27年12月に航空法改正に伴って制定された「空中散布における無人航空機利用技術指導指針」が廃止。

(2)新たに、空中散布における農薬の安全使用に関するガイドライン(無人ヘリコプターとマルチローターとに切り分けて)が制定され、散布計画及び散布実績の都道府県庁への報告については、無人ヘリコプターのみ規定 された。

 ※その他詳細は農林水産省ホームページをご参照ください。

 

2.「無人航空機を利用した空中散布等事業の実施について」の主な改正点

(1)空中散布の届出(計画書及び実績報告)について、無人ヘリコプターとマルチローターを分離。マルチローターについては、農薬の適正使用及び安全性の確保(養蜂家等に情報提供)を図るため、散布計画及び散布実績の提供(任意)を依頼する。

(2)計画書及び実績報告の様式名称、届出日の変更。

(3)関係機関の役割及び各様式をガイドラインに準拠。

 

 

お問合せ先:埼玉県農産物安全課 農薬・植物防疫担当(TEL:048-830-4053)

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

先頭に戻る