登録: 2018年 9月 27日

野鳥における鳥インフルエンザについて

鳥インフルエンザウイルスの人への感染について

 

 鳥インフルエンザは、この病気にかかった鳥と人が接触して、人が羽や粉末状になったフンを吸い込むなど人の体内に大量にウイルスが入ってしまった場合にごくまれにかかることがあることが知られています。

 通常の生活において病気の鳥と接触することや、フンを吸い込むようなことがあまりないことから鳥インフルエンザに感染する可能性は極めて低いと考えられます。

 

死亡した野鳥を見つけたら

 

 野鳥は餌不足や寒さ、あるいは壁や電線にぶつかるなど病気以外の原因でも死亡することが ありますので、死亡していても直ちに鳥インフルエンザを疑う必要はないと考えられています。

 死亡した野鳥を見つけた場合は、鳥インフルエンザに限らず他の細菌などを持っている場合もありますので、素手で触らず速やかに町役場または越谷環境管理事務所(048-966-2311)にご連絡ください。

 

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

環境経済課 生活環境担当  お問合わせ

電話番号 048-991-1840・1839
FAX 048-991-3600

先頭に戻る