登録: 2018年 9月 12日

アライグマの捕獲について

◎特定外来生物アライグマにご注意を

 特定外来生物であるアライグマの被害が県内の広範囲に及び、深刻化しています。松伏町でも数年前から目撃報告や被害報告が寄せられています。
 アライグマは見た目の愛らしさからペットとして移入されたものが野生化、全国的に分布が拡大しました。農作物への被害、営巣のための家屋侵入などが県内でも増加し、防除計画を策定し対策に取り組んでいます。

 アライグマは雑食性で、果物やザリガニ、カエルなどの小動物、ペットフードなどを好み、ゴミ箱を漁ることもします。人に懐くことはなく、人畜共通の感染症を媒介しますので、見かけても絶対に手を出したり、餌付けをしないでください。手を出さない限り襲われることはまずありません。アライグマへの対策として、庭にエサとなるものを残さない、家屋への侵入口を塞ぐなどが有効です。アライグマについては下記リーフレットをご参照ください。

 アライグマリーフレット(828KB)(PDF文書)(作成:埼玉県環境部みどり自然課)

 

◎アライグマの捕獲について

 町では、昨年度よりアライグマ捕獲のための箱罠の無料貸出しを開始しました。依頼に応じて職員が設置し、管理は依頼者にお願いしています。最長2ヶ月間設置できますが、罠の数が限られているため、設置までお待ちいただくこともありますのでご了承ください。アライグマの他にハクビシンの捕獲にも応じています。


★野生鳥獣捕獲のための罠の設置は、鳥獣保護法等により制限されています。無許可で設置することは絶対に控えてください★

 

<捕獲されたアライグマ> <同左>
アライグマ アライグマその2

 

      <捕獲されたハクビシン>         <誤って捕獲されたタヌキ>
ハクビシン

タヌキ

 

 

 

 

 

環境経済課 生活環境担当  お問合わせ

電話番号 048-991-1840・1839
FAX 048-991-3600

先頭に戻る