更新: 2019年 6月 21日

子ども大学こしがや・まつぶし 学生募集

 

昨年の様子 

 

  

 

 「子ども大学」ってなに? 

 子ども大学は、小学校4年生~6年生の子どもが、地元の大学の施設を利用して、大学教授等からふだん学校などでは教えてくれないことをわかりやすく教えてもらえる子どものための大学です。

 昨年度に引き続き、今年度も松伏町と越谷市の子どもが一緒に、3つの分野の「なぜ」を学びます。

 【はてな学】 ものごとの原理やしくみを追求する。

 【ふるさと学】 地域を知り郷土を愛する心を育む。

 【生き方学】 自分を見つめ人生や将来について考える。

 

 

子ども大学こしがや・まつぶし学習プログラム 

 

                                      (講義内容や講師については、都合により変更となる場合がありますのでご了承ください。)

 

1日目

9月28日(土)

時 間  13:00~15:50 

会 場【 文 教 大 学 】

入学式

【はてな学】

「ブラックホールのひみつ」

 ブラックホールってなんだろう? なんでもすいこんでしまい、光でさえ出てこられないってどういうこと? わかりやすく説明します!

※持ち物:筆記用具

学園祭の準備

文教大学

長島 雅裕 先生

(ながしま まさひろ)

2日目

 

10月19日(土)

 時間  10:40~12:10 

会 場【 埼玉県立大学 】

  

 

【はてな学】

「“車いすにやさしい街”について考える」

  車いすに座ってみてはじめて見えてくることがあります。車いすにさわって、乗って、押して、車いすに詳しくなりましょう。そして、人にやさしい街について、車いすの視点から考えてみましょう。

※持ち物:筆記用具:動きやすい服装

 

埼玉県立大学

松尾  彰久 先生

(まつお あきひさ)

3日目

 

10月27日(日)

時 間     9:00~15:00 

会 場【 越谷市民まつり会場 】

 

 

【ふるさと学】

 

 学園祭

「子ども大学こしがや・まつぶし学園祭」

 

 ブース(出店)で販売体験をします!

 

 

4日目

11月9日(土)

 時 間  13:00~14:30 

会 場【 埼玉県立大学 】

 

【生き方学】 

「知的障がいってどんなこと?

見て 聞いて 体験して 正しく知ろう!!

そして友達になろうよ!!」

 障がいがある子ってかわいそう、大変と思われるかもしれませんが、話を聞いて体験をし、どんな気持ちなのか感じてみよう。そしてどう接すればよいかを知りましょう。

※持ち物:筆記用具

埼玉県立大学

吉永 亜子 先生

(よしなが あこ)

5日目

11月30日(土)

 時 間  13:00~15:10 

会 場【 文 教 大 学 】

 

【はてな学】

「2020大会がやってくる!!

-オリンピック・パラリンピックと私たちー」

  オリンピック・パラリンピックがどのように始まり発展してきたのか、また東京大会を支える舞台裏はどうなっているのか、さらに大会後の私たちの生活について考えてみましょう。

※持ち物:筆記用具

修了式

文教大学

二宮 雅也 先生

(にのみや まさや)

 

 

令和元年度「子ども大学こしがや・まつぶし」開催内容と申込方法

 

対  象 松伏町内及び越谷市内在住の小学4~6年生 

定  員 50名 *定員を超えた場合は抽選となります。

参 加 費 1,000円(材料代、保険代)*1日目に集金します。

主  催 子ども大学こしがや・まつぶし実行委員会

      (文教大学、埼玉県立大学、NPO法人子育てサポーター・チャオ、一般社団法人越谷青年会議所、

       越谷市教育委員会、松伏町教育委員会)

申込方法 “申込書”に必要事項を記入し、7月1日(月)~7月26日(金)までに松伏町教育文化振興課(役場第二庁舎2階)へ提出してください。

             ※申込書は当ホームページからダウンロードができます。

       ※原則、全講義に参加可能な児童が対象です。

問合せ先 松伏町教育委員会教育文化振興課 (TEL 991-1873   FAX 991-1902)

ダウンロード

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

教育文化振興課 社会教育担当  お問合わせ

電話番号 048-991-1873
FAX 048-991-1902

先頭に戻る