産業競争力強化法に基づく「創業支援事業計画」について

 松伏町では、創業を促進し、産業の活性化と雇用促進を図るため、産業競争力強化法に基づく「創業支援事業計画」について策定し、国の認定を受けました。

 この計画に基づき、松伏町商工会が行う創業に関する「個別相談」を1か月以上の期間で継続的に4回受けた方に対し、町が証明書を発行します。この認定を受けることで様々な「特例(メリット)」を受けることができます。

  

【対象となる方について】

(1) 事業を営んでいない個人 (創業を行おうとする者)
(2) 事業を開始した日以後5年を経過していない個人又は法人(創業後5年未満の者 )
 

【個別相談について】

 町では特定創業支援事業として松伏町商工会が実施する「個別相談」を位置づけており、4回以上かつ1か月以上継続的に、(1)経営、(2)財務、(3)人材育成、(4)販路開拓の知識習得ができる内容の「個別相談」を受けた方に対して町が証明書を発行します。

※詳細は松伏町商工会へお問い合わせください(電話番号 048-992-1771)

※町は松伏町商工会に支援内容を確認の上、証明書を発行します。

 

【特例(メリット)について】

(1)認定を受けた特定創業支援事業(個別相談)の支援を受けて創業を行おうとする者又は創業した日以後5年を経過していない個人が会社を設立する際、登記にかかる登録免許税が軽減(株式会社又は合同会社は、資本金の0.7%→0.35%

 ※合名会社又は合資会社は、1件につき6万円→3万円)されます。
 ※最低税額の場合、株式会社設立は15万円が7.5万円、合同会社設立は6万円が3万円にそれぞれ減額されます。
(2)無担保、第三者保証人なしの創業関連保証の枠が1,000万円から1,500万円に拡充されます(既に創業されている方についても特定創業支援事業による支援を受けることにより、保証枠が拡充されます)

(3)創業2ヶ月前から対象となる創業関連保証について、事業開始6ヶ月前からの保証が可能になります。
(4)創業前または創業後税務申告を2期終えていない事業者は、日本政策金融公庫の新創業融資制度を、創業資金総額の1/10以上の自己資金要件を満たす方として利用できます。
 

環境経済課 商工担当  お問合わせ

電話番号 048-991-1854

先頭に戻る