関東信越税理士会越谷支部による平成29年分所得税・復興特別所得税の還付申告会を開催します

平成29年分所得税・復興特別所得税の還付申告を受付します。当日は申告書を作成し、提出することができます。

 ※混雑が予想されます。状況により、午前の受付であっても、午後の申告になる場合がありますのであらかじめご了承ください。 

 

日時/1月25日(木)       午前9時30分~11時、午後1時~3時

 

場所/松伏町役場 第二庁舎3階 301会議室

 

対象者/給与所得者又は年金受給者で年収600万円以下の方

 ※住宅ローン控除(初年度)のある方、事業所得・不動産所得・譲渡所得等のある方は受付できませんのでご注意ください。

   
必要なもの

 【共通】

 (1)平成29年分の給与所得又は公的年金等の源泉徴収票(コピー不可)

 (2)印かん・筆記用具

 (3)還付金を受け取る口座(申告者名義)の金融機関名・口座番号の分かるもの

 (4)源泉徴収票の住所が現住所と異なる場合は、住民票の写し 

 (5)「マイナンバーカード(個人番号カード)のコピー(両面)」又は「通知カードのコピー+本人確認書類のコピー(運転免許証やパスポートなど)」

 (6)控除対象配偶者又は扶養親族がいる方:控除対象配偶者又は扶養親族のマイナンバーカード又は通知カードのコピー

 

【年末調整が済んでいない方】

 上記(1)から(6)までのほかに

 ア 国民健康保険税・介護保険料・後期高齢医療保険料などの支払金額が分かる書類

 イ 国民年金保険料控除証明書(日本年金機構発行)

 ウ 生命保険料・地震保険料の控除証明書など

 

【医療費控除を受ける方】

 上記(1)から(6)までのほかに、医療費控除の明細書、医療保険者からの医療費通知など

 

 平成29年分の確定申告から、医療費控除は領収書の提出が不要となりました。

 なお、領収書の提出の代わりに「医療費控除の明細書」の添付が必要となり、税務署から記入内容の

確認を求める場合がありますので、領収書は5年間保存する必要があります。

※1 提出が不要となる領収書には、医療費控除を受けるために必要な医師等が発行した証明書は除きます。

 (例:おむつ使用証明書、在宅介護費用証明書など)

※2 平成31年分の確定申告までは、従来どおり領収書の添付又は提示によることもできます。


 

 

 

 

 

 

 

 

-お問い合わせ-

越谷税務署  TEL048-965-8111(音声案内)

関東信越税理士会越谷支部  TEL048-962-6131

先頭に戻る