登録: 2018年 2月 7日

埼玉県市町村交通災害共済について(平成30年度加入申し込み)

埼玉県市町村交通災害共済は、会費を出しあい、交通事故によって死亡したり、
けがをしたときに見舞金が支払われる制度です。
 
             
     
【加入できる方】    
 1.松伏町内に居住し、住民登録されている方  
 2.松伏町内に居住する加入資格者の被扶養者で修学のため町外に転出している方。  
 ※上記資格のない方が加入されても見舞金給付の対象になりません。

 

 
【加入申込方法】    
●加入申込書は役場総務課及び町内郵便局で配布しています。
●加入申込みは、 最寄りの ゆうちょ銀行、郵便局の窓口で手続きができます。
 
             
【共済期間】    
 平成30年4月1日から平成31年3月31日まで    
(※4月1日以降の中途加入の場合は、加入申し込みをした翌日から平成31年3月31日までです。)  
     
【共済会費】    
一般 年額1人あたり900円        
中学生以下 年額1人あたり500円        
※一人一口に限ります。なお中途で加入する場合も同額です。    
             
【対象となる事故】            
・共済期間中に日本国内の道路上で起きた自動車、バイク、自転車等による衝突、接触、転落、転覆などの事故。又は歩いていてこれらの車両にはねられたり、ひかれたりした事故。


 
 
             
             

◇交通災害共済見舞金の請求について

   
共済見舞金の請求は、交通事故にあった翌日から起算して2年以内に、 役場総務課で請求の手続きをしてください。なお、請求書類は窓口でお渡しします。
※共済見舞金請求は、事故にあった日の翌日から起算して2年を経過すると無効になります。

 
 
             
【共済見舞金金額表】    
災害の区分 共済見舞金の額  
 (1)死亡 120万円  
 (2)傷害1
 (交通事故証明書が得られる場合)
入院1日につき 2,000円 それぞれの単価に日数を掛けた金額の合計額が2万円に満たないときは2万円とし、22万円を超えるときは22万円を限度とします。  
通院日・往診日1日につき 1,000円  
 (3)傷害2
 (交通事故証明書が得られない場合)
入院・通院日・往診日1日につき 1,000円 単価に日数を掛けた金額の合計額が2万円に満たないときは2万円とし、6万円を超えるときは6万円を限度とします。  
※(2)(3)とも医師等による 治療実日数が3日以上(実際治療を受けた日数)となるものが対象です。

 
※日数計算で同じ日に通院日または入院日が重複しているときは、1日として計算されます。
 
   

交通事故証明書は警察に交通事故の届け出がないと発行されません。

※30年度会員から組合所定診断書の原本を提出したときは、見舞金に診断書1通あたり5千円が

加算されます。(傷害1及び傷害2のみ対象)

   
     
【見舞金に必要な書類】            
必要な書類等
(書類の費用は自己負担になります)
傷害1 傷害2 死亡 身障    
(1)会員証及び印鑑、預金通帳    
(2)交通事故証明書        
(3)交通事故自認書
(交通事故証明書が得られない場合)
         
(4)診断書又は治療証明書
(治療の実日数が記載されたもの)
※1      
(5)同乗者証明書
(交通事故証明書が物件事故扱いで同乗者の名前の記載がないときに使用)
※1          
(6)戸籍謄本及び死亡診断書又は死体検案書          
(7)身体障害者手帳の写し          
(8)住民票(加入時と住所が異なるとき必要に応じて添付) ※1 ※1 ※1 ※1    
※1 場合によって必要な書類になります。            
※2 交通事故証明書・診断書は原本をお持ちください。
書類が写しの場合は、原本を一緒にお持ちいただくか、原本がない場合はその写しの余白部分に「原本に相違ない」ことを原本保有者から証明をもらってください。

※3 代理人(会員又は遺族以外の方)が見舞金を請求する場合には、委任状の提出が必要となります。

 

 

総務課 庶務防災担当  お問合わせ

電話番号 048-991-1893・1895
FAX 048-991-7681

先頭に戻る