登録: 2013年 3月 21日

電子証明書の更新手続について

 

公的個人認証サービスの電子証明書は、発行した日から3年をもって有効期限が満了し、
失効します。
失効した場合には、国税の電子申告(e-Tax)などの電子申請・届出が利用できなくなります。
電子証明書の更新を希望される方は、下記により手続をしてください。
 
※ご不明な点、詳細につきましては、お問い合わせください。

 
申請ができる方
◆電子証明書が格納された住民基本台帳カードをお持ちの方
※電子証明書の有効期限の3ヶ月前から手続きができます。
(更新手続後の有効期限は、更新の日から3年となります。)
 
有効期限の確認方法はこちら公的個人認証ポータルサイト

 

受付時間
  午前9時から午後4時30分まで

 
手数料
500円

  

申請に必要なもの
◆電子証明書発行申請書(下記からダウンロードできます)
◆住民基本台帳カード
◆本人確認書類  運転免許証、パスポートなど
※顔写真なしの住民基本台帳カードの場合は、運転免許証・パスポートなどの
顔写真付きの官公署発行の本人確認書類が必要です。 詳しくはこちら(本人確認書類) 

 
注意事項
◆更新手続を行った場合、新しい電子証明書の有効期限は発行日より3年となります。
(下記電子証明書の有効期限について 参照)
 
◆住所、氏名に変更があった場合には、電子証明書は自動的に失効します。
 
◆現在の電子証明書が失効した後でも、新規に電子証明書の発行を受けることができます。

 

 

 

 

 

 

 

◆電子証明書の有効期限について

 

有効期限の例

 

  (1)平成22年2月1日に申請した電子証明書を、平成25年1月25日に更新手続をした場合

 

1

  

  (2)平成22年2月1日に申請した電子証明書を、平成25年2月10日に更新手続した場合

2

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

住民ほけん課 戸籍住民担当  お問合わせ

電話番号 048-991-1866
FAX 048-991-3600

先頭に戻る